株式会社パシフィックウエーブ 代表取締役・田中啓介のブログです。

2018年3月26日月曜日

お金の使い道と儲け方

 先日、大阪府社会福祉協議会から講演の依頼があり、いつもながら朝方のレム睡眠のタイミングで話の構想をイメージしていた時、「道」というキーワードを強く感じた。福祉事業の実務における原点にはやはり「利他」の心が存在し、それを道徳教育として伝え承継されていると思う。道徳のように「道」の付く言葉といえば武道・華道・茶道など多くの言葉があるが、これらはどれもそれぞれ目指すべきものは同じであると思う。その目指すべき究極の目的とは作法を基本として心技を磨き極めるというプロセスを経て、多岐にわたる視座に立った愛情の豊かな人間として幸せに生きることだと考えると、これらの道はすべて道徳ということにもなると思う。

ここで、お金にも使い道という「道」があることに気づいた。金融機関に融資を申し込むと必ず「使い道は何ですか?」と訊ねられる。何に使うかによって融資するかしないかを判断するわけで、金融機関が正しい使い道だと判断しなければ融資は受けられない。「道」というものは常に正しさが問われる側面が存在するように思う。そしてすべての「道」にはその「道」を歩む主人公の人柄が表現されるとも思うのである。お金の使い方がきれいで上手な人の周りには多くの人が集い、心豊かな人間環境という幸せな境地が永続し、そこにはおのずと「道」が築かれていくものだと感じている。世の中にはお金持ちはたくさん存在するが、単なるお金持ちというだけではこの境地に至らないばかりか、そのお金持ちの人の人間環境は「金の切れ目が縁の切れ目」を当然とした考え方の人達の臨時集会のようなもので長続きすることはなく、不安と疑心暗鬼と争いが付いてまわっているように思う。

お金というものは、たくさんあると便利なように思いがちだが決してそうではない。使い道が明確でなければどんなにたくさんのお金に囲まれていても心からの真の幸せは実感できないと思う。所詮お金は道具であり、その道具の使い方次第で豊かな生き方もできれば、不幸にもなるものである。「足るを知る」という感謝の思いがあれば適正な道具というものがおのずと理解できるはずである。

お金の儲け方という表現は存在するが、儲け道という言葉は存在しない。ということは儲け方というものはそれだけで道になり得るだけの奥の深さがあるのではなく、幅の広い様々な方法が存在し、その時々の時代背景や価値観によって多様に変化するものであることから、儲け方を使い道のプロセスの一つとして解釈することで、その儲け方の正しさの尺度も理解できると思うのである。使い道のプロセスという視座に立って儲け方を考えてみると、儲けるという文字は信者と書くように嘘偽りのない誠実な心を基本として人と接しなければ信者は生まれないということをも気づいておかなければならないと思うのである。
read more "お金の使い道と儲け方"

2018年2月19日月曜日

寝返りの正しい理解

 私たちは睡眠中の体の動きについて単純に「寝返り」という表現をしますが、果たして寝返りとはどのような動きを指すのか、なかなか定義自体が難しいのです。敷き寝具(睡眠具)の業界においても非常に曖昧な解釈がなされており、各メーカーによって寝返りを定義する定規が不明確なのが現状です。その実例として、十数年前に女性の生理用ナプキンのテレビコマーシャルで「人は一晩に34回寝返りをする…」と表現し、さらにある敷き寝具メーカーでは「自社商品を使用すると一晩に10回の寝返りが2回に減る…」と表現しているのです。どちらも専門医の指導の下に表現しているにもかかわらず、34回と10回では3.4倍の違いがあるわけです。わかり易い表現をすれば1mの定規を30㎝というようなものなのです。このように寝返りというものは非常に曖昧なまま表現されており、一般的な解釈ですと仰臥(仰向け)から90度横に向くことを寝返りと考えている人が多いのが現状です。しかし、例えば介護の分野においては「仰臥の状態で仙骨部分に発生した血行障害を左右どちらかに向きを変えて血行障害を解除すること」を寝返りと定義しています。具体的に体の向きが何度傾けばいいのかではなく、自力で血流を確保できるだけの体の動きができればいいということです。現在の介護認定制度の問題点は、このようなところにも存在しており、曖昧な定規によって判定している限りは不公平が発生し、介護保険の要介護度にも大きな影響を及ぼすことになってしまっているのです。

  さらに、新生児の成長過程における「寝返り」については介護分野とは定義が異なっており、「身体を自分で仰臥から側臥にしてなおかつ下側の肩を抜いて伏臥になること」と定義している場合が多いのです。これはまさしく仰臥(仰向け)から伏臥(うつ伏せ)に180度向きを変えることを意味しています。要するに同じ「寝返り」という言葉でも対象者によってその解釈は大きく異なるのです。

  また寝返りを言葉として使われるのは「味方が背いて敵につくこと」であり、真反対の180度逆の立場に立つことであることを考えると、そもそもその語源は仰臥から伏臥になることであったといえます。とすると、睡眠中に仰臥から伏臥に180度向きを変えながら寝ている人はほんのわずかしかいないし、またその回数は極めて少ないことは明らかですから、現在の一般的な寝返りの解釈に誤りがあることを認めないわけにはいかないのです。

  以上のことから、この「寝返り」という曖昧な言葉を定規として使用している限り、国際的な学会で通用し難いことの危険性を感じ、私は2005年の日本睡眠環境学会において、「寝返りの定義が曖昧である限り、今後は睡眠研究分野と敷き寝具(睡眠具)の業界に於いては『体動(体すべての動きであり、どんなに曖昧な寝返りも体動に包括される)』の回数を基本定規としてとらえることが大切である」と提案させていただきました。これにより、その後は体動の回数を定規として研究開発を進めていくことが多くなってきています。

私たちが日常、何の疑問も持たずに使っている言葉も、何を伝えることを目的としてこの言葉を使うようになったのかを知ることにより、正しい言葉の使い方が理解しやすくなることが多分にあると思うのです。
read more "寝返りの正しい理解"

2018年1月22日月曜日

人の喜びを我が喜びとする


昨年末に私の同級生が星になった。新年早々の告別式には彼を偲ぶ多くの方々が式場に入りきらないくらい弔問いただいた。会社の経営者ならともかく、勤め人で現役でないにもかかわらず、あれだけ多くの方々がお越し頂いたのはひとえに彼の人柄の素晴らしさだと実感した。彼は大学卒業後、定年まで実直に勤め上げた勤め人の手本のような人で、定年退職をしてこれから第二の人生を楽しむ計画を立てようと考えていた矢先のがん宣告だった。闘病生活の期間がたったの半年余りという短いものであり、本人はもちろんだと思うが私にとってもとても残念であっけない時間だった。最期の日の前夜の見舞いの帰り際には、「また明日!」と私が言うと小さな声で「おぅ」といって手を挙げて答えてくれた。まさかあれが彼と私の最後のふれあいになろうとは思ってもいなかっただけに、命の儚さを改めて感じることとなった。

弔問頂いた皆さんが口々に「故人は自分のことより他人のことを優先する人だった」と話されていた。だからこそ彼を偲ぶ多くの方々にお越しいただくことができたのであり、この方々とのご縁こそが彼の素晴らしい財産だったと実感した。

彼は自分よりもまず他人を喜ばせることに喜びを感じる「利他の心」を無意識に実践できた人だったと思う。経営者はほとんど「お客さんの為に、いいものを安く販売します」と宣言し、政治家はほとんど「市民、国民の為に働きます」と宣言するが本当にそうだろうか?以前にも記したが古来より「人の為と書いて偽りと読む」と言われている。人の為と言う人は、人の為に行った行為が自分自身にとって何某かの儲けに繋がることを前提としていることはないだろうか。些細な行為にまでもその行為が自分にとって損か得かの金勘定が働いていることはないだろうか。純粋に他人を喜ばす行為を行い、そしてただ純粋にその他人が喜んでくれている姿を見て、純粋に「人のお役に立ててよかった」と安堵する心こそが「人の喜びを我が喜びとする」という「利他の心」であると思う。

具体的な事例を挙げると、親が子供に少し奮発して高価な玩具を買い与えた。一カ月もすると子供はその玩具に飽きてしまい遊ばなくなった。すると親は「なんで遊ばないの!あなたの為に買ったのよ!」と言うが、本当にそうだろうか?親は本当は子供の為に買ったのではなく、自分のために買ったことに気づいていない。なぜなら高価な玩具を嬉々として遊んでいる子供の姿を見て、純粋に「よかった!」と安堵する自分を実感し、自分自身が喜ぶために買ったのだと思う。要するにどんな行為も全て自分自身が喜びを実感するために行う自分のためのものであり、決して人の為ということはないということである。

私も彼のように意識をせずとも「利他の心」が実践できるよう彼を手本として人生を歩みたいと思う。

read more "人の喜びを我が喜びとする"

2017年12月19日火曜日

呼吸とギブ&テイク


私は睡眠や床ずれに関する勉強会で講師をさせていただく中で、必ず「呼吸の大切さ」についてお話しさせていただくことにしています。聴講生の方々に「深呼吸をしてみてください」というと、ほとんど全員が息を吸い始めます、そして吐き出すのですがこれでは呼吸ではなく吸呼という順序になってしまっています。そもそも人間は生まれた時に母親の胎内にいた時の羊水などを吐き出してから息を吸います。そして最期には息を引き取ると表現されるように、息を吸って一生を終えるということになるわけなので、やはり呼吸という順序が正しいということになります。ですから深呼吸というのはまずしっかりと息を吐き出し、そして全身で空気を吸い込むことが大切なのです。健康状態が悪くなると深呼吸がしっかりとできなくなります。息をするということは命の根源でありますから、呼という吐き出す行為を大切にし、呼吸という順序を意識することが健康維持に役に立つと思うのです。

順序と言えばギブ&テイクという言葉がありますが、まず相手に与えることが大切で、相手から貰うことは後からついてくるということです。この順序を心掛けていればどんな価値観の人であろうと必ずいい関係ができると思うのです。

先日のことです、今まで長くご縁があり弊社が購入者となるA社に些細なお願い事をしました。するとA社は「来年も買ってくれるならその願い事を受けます、願い事を受けてほしいなら来年も買うと約束して下さい」というのです。その些細なお願い事はA社でなくても他に頼めるB社もいましたのでB社にお願いすると、気持ちよく「今までお世話になっているので願い事はお受けさせていただきます、来年も引き続きお取引を宜しくお願いします」と言ってくれました。A社とは今年限りで取引を止めることにしました。まさにA社はテイク&ギブという順序であり、B社はギブ&テイクという正しい順序での表現であったと思います。同じことを表現するにしても順序が違うだけで関係が崩れてしまうことになるということです。

単なる順序ということだけではなく、呼吸とギブ&テイクはよく似た意味を持っていると思うのです。なぜなら始めに吐き出すことや与えることを行えば、次には自然に吸い込めたり、与えられたりするということです。呼吸と少し違うのはギブ&テイクは与えた人から直接与えられるのではなく、多くの場合が与えた人とは異なる人から与えられることだと思います。このことは「情けは人の為ならず めぐりめぐって己がため」という言葉からも理解することができます。このように与える立場の時でも感謝の気持ちを大切にすることができれば、幸せな人生が実現できると思うのです。お金も第一に人の役に立つ使い方を考えることができればおのずと儲かるようになるものだと思います。要するに人生は出すことや与えることを第一に考えることが自然流だと思うのですが如何でしょうか。



read more "呼吸とギブ&テイク"