株式会社パシフィックウエーブ 代表取締役・田中啓介のブログです。

2017年8月22日火曜日

盲目で車いすのミュージシャン㊤

先日ある勉強会に講師として「盲目で車いすのミュージシャン」の山下純一さんに来鶴頂いた。山下さんはブルースハープというハーモニカのミュージシャンである。
小学校低学年で歩けなくなり、22歳で全盲になり、時期を同じくして肩・腕・手首の関節が動き難くなり、現在の握力はほとんど無いに等しい。これらの障がいがあっても演奏可能な楽器をと考えハーモニカ奏者を目指した。そしてプロミュージシャンとして活動を始めて数年たった32歳の時には耳が聞こえにくくなり、3年に亘り手術を繰り返し治療のため音楽活動から離れた。その間に音楽以外のことで自分への挑戦を続けるため四国の金毘羅さん参りを行い、785段の石段を「立膝歩き(写真)」で達成した。(この時の膝用の靴を弊社のジェルトロンで作製させていただいた。)健常者でもあの石段を登るのはかなりしんどいことであるのに、それを立膝歩きで達成されたということはかなり無謀な自分との戦いに勝利した瞬間だったと思う。
山下さんに「徐々に見えなくなっていくときの不安や恐怖をどのように克服されたのか?」とストレートな質問した。
「うっすら見える状況の中で何とか見ようとすることに苦しさを感じたので、何とか見ようとして苦しむのではなく、見えない現実を受け入れることを決めました。すると気持ちが楽になったのです。そして完全に見えなくなった時に新しい発見があり、それは接してくれる人の心の本音が見えるようになったということです。」との答えが返ってきた。
治療法が無い様々な障がいを恨んだり嘆き悲しみ続けるのではなく、その現実を受け止め未来につながる新たな生き方や対処方法を見出すことの大切さを教えていただいた。考えてみてもどうしようもないことにくよくよするのではなく、前を向いて生きる新たな一歩を踏み出すことにエネルギーを使わなくてはならないと思うのである。さらに目で見えていることがすべて本質的真実ではないという現実に気づかせて頂けたことは、山下さんならではの健常者に対する尊いメッセージであると感じた。

次に「障がいによるいじめを受けたことはなかったのか?」と質問すると、「たくさんのいじめを経験しました。健常者からだけでなく病院等の施設では、いじめてくる先輩と隣同士のベッドに寝ていたこともあり、当然逃げたり隠れたりできない状況の中で楽しく生きるための解決策を考えました。それはいじめてくる相手を笑わせるということです。笑わせることができたらその相手と友達になることができる。友達になると相手は私に対して人として優しく接してくれるようになるのです。」と答えてくれた。いじめてくる相手
のすべてを受け入れなければ笑わせようという気持ちにはなれない。いじめてくる相手との戦いを選択せず友達になることを考え、その最良の形として相手を笑わせるという考え方に到達した山下さんの心の広さに改めて感動させていただいた。

read more "盲目で車いすのミュージシャン㊤"

2017年7月24日月曜日

ビートたけしさんのこと

先日、弊社がスポンサーをしているゴルフ番組「チームセリザワ」のテレビ撮影に伺った。ゲストはなんとビートたけしさんときよしさんのツービート!二人そろっての仕事は珍しい。きよしさんが私の顔を見るなり、「昨年貰ったマクラのお陰で毎日ぐっすり眠れてます。私は今までに3回の事故で首を痛めており、なかなか自分に合ったマクラが無かったのだけれど、ジェルトロンマクラは本当に素晴らしい!」とお褒め頂いた。開発者の私としてはとてもありがたいことである。そのきよしさんはもとより、出演者の芹沢プロや西山ゆかりプロの些細な言動に時事ネタを加えながら、突っ込み続けるたけしさんの凄い心遣いが随所に感じて取れた。撮影開始の朝9時から午後4時まで殆ど皆を笑わせ続けていただいた。かなりきわどい突込みにもかかわらず皆が笑い続けていられるのは突っ込まれた相手の心理を考え、ギリギリのところで突っ込みを止めて相手がひと言、反論できる間をつくる。この間があることによって突っ込まれた人は嫌な気持ちにならない、絶妙で凄い心遣いであると感じた。単純に笑えるネタばかりではなく、一つの笑いに対して二・三手先を読んで仕掛けて来るネタもある。例えばジェルトロンまくらを貰ったきよしさんに「おめぇ、このマクラをゴルフ場に売る気だろう!」「そんなことしねぇよ、何でそんなこと言うんだよ?」「俺は見たぞ!」「何を見たんだよ?」「ゴルフ場の入口に『間もなくジェルトロンマクラ入荷!』という張り紙が貼ってあったんだ!」さすがにたけしさんだと感心した。
 たけしさんのエピソードとして、後輩が引越しをするというので、たけしさんが引っ越し祝いは何が欲しいか?と尋ねると、洗濯機が欲しいと言った。引越しの日に後輩のもとにたけしさんから、たらいと洗濯板が届いた。後輩は一本取られたと思った。しかしそのたらいの底に百万円が張り付けてあり、「これで上等な洗濯機を買いな」という手紙が添えてあった。ちょっとひねりを加えた心遣いに後輩たちが、たけしさんを尊敬し慕い続ける理由があると感じた。

 もう一つ、たけしさんが成功の秘訣を尋ねられた時『おれは、自分の好き勝手やっているだけで、人よりも才能があるとは思えない。しかし、テレビ番組をやっても、小説を書いても、映画を作っても、絵を描いても、なにをやっても評価されてしまう。おかしい……。よく考えても、自分の才能でそれらをやれるわけがない。ただ、心当たりが、たった一つだけある。それは、若いころに師匠に“トイレを綺麗に掃除しろ”と言われてから30年以上ずっとトイレ掃除をやり続けてきた。自分の家だけでなく、ロケ先や公園、ときには隣の家のトイレ掃除もした。オレが成功しているのは、トイレ掃除のお陰かもしれない!』と答えている。私が撮影開始前にたけしさんに挨拶に行こうとしたらたけしさんがトイレに入られるところだった。トイレの外でたけしさんが出てこられるのを待っていたがなかなか出てこられない。マネージャーから「殿のトイレは長いですよ」と言われた。今思うと、そうだったのかと納得がいった。私もたけしさんを手本としようと思う。
read more "ビートたけしさんのこと"

2017年6月13日火曜日

お客様優先の判断の難しさ

早くも台風1号が発生したというニュースを見て台風の対応を意識しなければならない季節になったと感じた。もう10年以上前の東京出張の帰りの出来事である。その日は夕食を交えた会議に出席し、最終の新幹線で京都へ、京都から普通列車で園部まで帰りそこから自家用車で自宅へ戻る予定をしていた。東京を時間通り発車したものの次第に雨が強くなり新横浜を過ぎるころには豪雨となり、小田原の手前で徐行運転になりついに小田原駅で一時間以上も停車し、名古屋に到着したのは定刻の2時間1分遅れであった。(ご存知のことと思うが2時間以上の遅れになると特急券は全額払い戻しとなる)その後、名古屋を出て岐阜羽島近くに来た時アナウンスが入った。「只今列車の遅れを取り戻すために速度を速めて運行しておりますので、京都の到着は定刻の1時間59分遅れの見込みです。到着後京都からの連絡の列車はございませんのでこのまま終点の新大阪まで行っていただき、この列車を列車ホテルといたしますので、始発の列車までお待ちいただくようご案内申し上げます」との内容に、私は特急券の払い戻しを回避するために名古屋~京都間を標準より2分スピードアップすることを考えたのだと思った。しかし名古屋と同じように2時間1分遅れで京都に着いてくれれば約5千円の特急券の払い戻しを受けることができ、これを使ってタクシーで帰宅できる乗客も多いはずだ。私も京都の到着時間が午前1時30分なのでタクシーで園部まで戻れば会社の朝礼に間に合うことができる。
そこで早速車掌に速度を上げて2分早く京都に到着する意味を尋ねた。すると「少しでも早く到着することが大切であるとの判断です」と言うので「接続列車があるならその考え方は成り立つが、今回の場合それが当てはまらないので名古屋~京都間を標準の速度で運行し2時間1分遅れで京都に着くのが乗客にとってはありがたい、JRの立場になれば特急券を払い戻したくないということは理解できるが、もしあなたが乗客の立場なら午前1時半という時間において2分早めるという判断は正しいと思うか」と尋ねた。車掌は返答に窮していたので、「すぐに運転手と指令所に連絡を入れて2時間1分遅れで京都に着くように乗客から要望があると伝えて欲しい」と言った。車掌室の前で待つこと数分、車掌が出てきて「名古屋と同じく京都には2時間1分遅れでの到着予定に変更いたしますので京都駅到着後、駅で特急券の払い戻しの手続きを行って下さい」と答えた。その時私の周りには成行きを心配して集まっていた十余名の乗客が一斉に「よっしゃ!良かった!」と手を叩いて喜んだ。
その様子を見て車掌からも少し安堵の笑顔がこぼれた。この笑顔にこそ人間の善行の本質が存在すると思う。お客様優先の判断こそがお客様から信頼を頂き、自らが幸せを実感できるのであって、利益を追求することを第一に考えるようでは商人としてあまりにも心寂しい人生となってしまうと思う。

組織の利益や目先の金儲けに命を懸けるのではなく、人を喜ばすことに命を懸けることの大切さに気付かなければならないと思うのである。
read more "お客様優先の判断の難しさ"

2017年5月9日火曜日

「信頼」と「信用」を正しく考える

先月、420日~22日に大阪で開催されたバリアフリー展に出展した。床ずれに関するテーマで私が講師を務めた22日の講演会では立ち見が出るほど多くの皆様にお越しいただくことができ、講演後聴講者のお一人から「娘を助けてください」というご依頼をいただいた。お話を伺うと20代のお嬢様が生まれながらの重度の側弯症で頭の位置が右側にあるという状態であったため、小学生の時に大手術を行い、背骨の矯正をしたのだが左座骨の突出は矯正しきれなかったため、最近その部分に酷い床ずれが発生し、お尻に穴が開いた状態であり、今までいろんな介護関連メーカー等に専用のクッションを作ってもらったが改善できなくて困っているということであった。早速弊社でお嬢様の専用クッションを作製するべく、お尻の採寸を行い素材の選定等をする間、ジェルトロンマットレスの上でお休みいただいた。15分くらい経過したとき、お母様がお嬢様の寝息に気づかれ、お嬢様を起こし「このマットレスは凄い!」とおっしゃった。お嬢様からは「いつも上向きにしか寝たことがなかったのに、横向きに寝ても肩や腰が痛くならなかった、生まれて初めて横向き寝で『眠る』ことができた!」とお喜びいただいた。健常者にとって上向きから横向きに寝返る行為は睡眠中に無意識にできるものであるが、このお嬢さんにとっての寝返りはジェルトロン以外では苦痛を伴う大変な行為ということなのである。
お母様から「助けてほしい」と言っていただけたことは、正にお客様から頼られるということであり、これほど嬉しく責任の重さを感じることはない。
もう一つのエピソードとして、数年前にベストセラーとなった大野更紗さんの書かれた「困ってる人」という本がある。そこには筋肉が骨化するという難病との闘いをユーモアを交えて綴られており、「車椅子での外出時には無くてはならないクッション、その名はジェルトロン!」と記されている。知人の方からジェルトロンが登場する本があると教えていただき、購入し拝読した次第であるが、私の知らない方々にジェルトロンの機能を頼りにしていただけるということは開発者としてこんな嬉しいことはない。
「この商品でダメなら諦める」と言って頂けるのを信頼と表現するなら、「この商品でダメなら他を探す」と言われる状況では信用状態としか言えないと思うのである。究極の表現をするなら、命を託せるくらいの関係を信頼といい、ある程度信じて任せる関係を信用というのだと思う。信頼とは信頼した人が期待した結果を出せなくても自己責任として後悔しないという覚悟に基づく関係であり、信用とは信用した人が期待した結果を出せなかった時、後悔の念と反省が伴う関係であり、「いざという時に頼れない関係」ということになると思う。だから日本には「信用金庫」は存在しても「信頼金庫」が存在しないことは当然のことであると思う。弊社はいざという時にこそ頼って頂ける存在でありたいと願っている。
今回の内容は信用金庫を批判する意図はないので誤解の無きようお願いする。
read more "「信頼」と「信用」を正しく考える"